Recent entries
2014/10/18 (Sat) 僕はまだ生きている

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんとまあ中学英作文並みの英文ですが、英語使うに当たっていかに正確に簡単に表現し、伝えることっていうのは外国語勉強するうえで大事なことだと思うのです。

わざわざ背伸びしたってせいぜい体のどっかの筋を痛めるだけなのです。     という言い訳。


さて、みなさんおはようございます!8月最初の記事になりますね。

私は相変わらずの休みモードなのですが、明日から部活やらでほんの少し忙しくなるかもしれませんな。

10月に部活でとある大会を運営するのでその練習やら、美術部でも夏季展に備えて絵を描かなければ。

さーて、昨日はレンタルした映画をまた見てましたよ。

the titles are「処刑人」と「(500)日のサマー」 あと、昨日は地上波で「S.W.A.T.」もやってたので見てました。

「処刑人」に関してはおそらく2,3回見たことある記憶があるのですが、まじめに見てなかったのでストーリーとか全然頭に入ってなかったので改めて見ようかなと。

何を隠そう、この映画違った意味で人気らしくてな。さっすが兄弟ものだね!

アクションに銃にバイオレンス、グロテスク?そして兄弟愛(?)

原題は"Boonduck Saints"ってことで、boonduckっていうのは奥地とかそんな感じなのかな、saintsは聖人。

おそらくboonduckっていうのはアメリカの街の比喩ですな。

ちょっと格好よく訳すと「裏路地の聖人」的な感じでしょうか。一気に古物臭がww

最近の映画のタイトルの傾向としては、英語をそのまま使っちゃいますよね、英語っつうかカタカナ語で、モノによっては日本語でちょっと語呂のいいものに変えちゃうとか。

トランスフォーマーだって「Transformers: The dark of the moom」が日本語では「ダークサイド・ムーン」になったり、ダークナイトも「The Dark Knight Rises」が「ダークナイト ライジング」になったり。

英語が浸透してんのやらしてないのやら(笑)

でも自分の国の人たちにとって親しみやすいというか、とっくみやすいタイトルに変えたりするのって重要ですよね。何もすべてがオリジナルが正しい!ってわけでもないと思います。

オリジナルを大切にしたい人は既に自分で調べてると思うし(笑)

さて、話を戻すと「処刑人」は...続編も出てたんですね。ツタヤの棚に並んでたので今度借りて観ようと思います。

ええと...ワケあってロシア人マフィアを殺してしまった兄弟が、留置所にいるときに神の啓示を受けてデスノートのライト的な行動に走ると。

あとはFBIのおっさんの心の葛藤とかかな。協力するか、罪人として兄弟を追うか!

個人的に最後のシーンで父親?が加わる場面がちょっと謎でした。多分自分がちゃんと見てなかったせいなのか「え、誰こいつ?え?なに?」みたいになってしまった(笑)

あとFBIの...(ぐぐる)...ポールか、彼がせっかく懺悔室で決心したっぽいのに、あんまりはっきりと行動に移ってなかったような、なんて思ってしまったかな。

まあ最後の方で兄弟が捕まってる場所に向かって敵をやっつけてはいたけど...もうチョイ、あと一押しアクションが欲しかった気がします。

なんにせよこの映画、「格好いい!」とにかくかっこいいですな。

始末する時の兄弟のセリフとか。最初聖書の言葉なのー?とか思ったんですが「先祖代々伝わるお祈りの言葉だ」って言ってたしな。

それ以前にキリスト教じゃ人殺しダメだけどな<●><●>

最初あの兄弟のコナーが兄でマーフィーが弟なのかと普通にとらえてたのですが、特典映像で兄弟が母親に「どっちが先に生まれたんだ!?」とか聞いてるあたり二卵性双生児か...と。

おい!なぜ本編に出さなかったし(´・_・`)あのシーンの兄弟かなり面白かったのに!

未公開シーン恐ろしや。


で、話変わって「(500)日のサマー」は、前に地上波で「インセプション」観たときのアーサー役ことジョゼフ・ゴードン=レヴィット氏がちょっと、いやかなり気になってしまって、twitterで叫んでたらフォロワーさんがこの映画を紹介してくれまして(笑)

ジョセフ目当てです、はい。

あの映画もオモシロかったですねー単なるラブコメとかじゃなくて。

対比の様子とか、画面の色合いとかなんかいい感じでしたね(適当)


まあ、そんな感じで、実をいうとこのブログ書いてる途中で「コンスタンティン」みて、また記事書くの再開してるんですが(笑)

うん、映画観たせいで完全に集中力無くなりました\(^o^)/


という事で、今日はこの辺で!

ではー
スポンサーサイト
[タグ] 映画 感想

おはようございます。朝ブログです。

0307_2012_hand_practice.jpg
模写。ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンとロバート・ダウニーjrの手ですよ^q^

0307_2012_sherlock_doodle_mini.jpg
こっちは模写も混じってるシャーロックの練習です。

シャーロックなのかベネディクトなのか、どっちを描きたいのかわからなくなってくるんですよねぇ

3次元キャラ(って言い方あんまり好きじゃないけど)にここまではまるだなんて思ってなかったので(笑)

いやぁ難しい。アニメとかだと作画とかがあって大体表現の範囲って決まってくると思うんですが、役者だと毎回微妙に髪型が違ったり顔のラインも決まってなかったりで、難しい…。

その分自分の絵柄で表現する幅は広まるのかなぁ。まあ、様子を見ていこうと思います…

ちなみに上の絵だと大きい色つきの絵と緑のライン以外は資料なしで書いてるんですが、模索中。


さて、前置きがまたまた長くなりましたが、昨日「戦火の馬」観に行ってきました。

もちろん目当てはベネディクト・カンバーバッチ

Benedict_03.jpg
黒い馬に乗ってた人です。スチュアート少佐。

ベネディクトはいろんな表情があるので(まあ俳優はみんなそうか)見ていてわくわくしちゃいますねぇ

まあベニーの話はまた今度にしよう。また画像バンバン乗っけてうはうは語りだすのじゃね(汗)


以下ネタバレ注意です。と言っても公開日から大分過ぎてるので大丈夫かな。


さて、元々は"War Horse"は1982年に出版された小説が原作のようですね。

映画監督はおなじみのスティーブン・スピルバーグ!音楽はジョン・ウィリアムズ!

これは映画版タンタンの冒険と同じ人ですよ。

つい最近「プライベート・ライアン」を(パソコンやりながら横目で2回)観たんですよ。あれも同監督で。

戦争ものなんですが、戦場の恐怖に無残さに悲しみに…って感じで悲しいストーリーが苦手な自分にとってちょっときついものがありましてね、戦火の馬とかタイトルがまんま戦争じゃねーか!と思って当初はまったく見る予定も無かったんですが、ベネディクトが出ると知って「これは見なきゃ!」と今に至ります。

で、実際見てきたんですが戦争モノにつきもののグロテスクなシーンはあまり前面になく、悲惨さと不条理さというかね…

まあ馬と人間の絆がテーマですからね、自分にとっては見やすかったと思います。


どうでもいいんですが今回は映画館の前から3列目とかいうものすごく前の方で観たんですが、そんなに首も疲れることなくてよかったです。それよりも後ろの席の人がポンポン椅子蹴ってきてむかついたってとこです。

兄貴も「後ろから呼ばれてるのかと思った」っていうくらいだからなぁ。

椅子は蹴らないようにしましょう!足も組まない方がいいんじゃないかと思いますよ。前に誰かいるときは。


で、肝心の内容、は馬目線の戦争…というのはお決まりのフレーズですね。

実際は馬のジョーイが少年アルバートととあることがきっかけで出会い、せっかく仲良くなったのに、ジョーイが財政難で売られることになってしまい、戦争馬?として生きていくことに…

最初の引き取り手、ニコルズ大尉、だっけな、がドイツ襲撃中に亡くなってしまい、ドイツ軍にジョーイが引き取られたり、ジャム農家の娘のところへ行ったり、またドイツ軍に奪われたりしてついには暴走して戦場を駆け回る…

あの場面でやっと「おおっ、戦火の馬!」なんて(笑)

駆け回ったせいで有刺鉄線に引っかかるは体力は減るわでとうとう瀕死状態に。そこでイギリス軍に見つかり、助けられそうになる場面。あのシーンいいですよ。

というのも出撃前のイギリスとドイツの戦場の間で瀕死のジョーイのもとへイギリス兵が仲間の反対を押し切って助けに行こうとするところで相手のドイツ兵も出てきて一緒に助ける部分ね。

名前教えあったり、最後には「弾に当たるんじゃないぞ」って言って別れる。

その直前にジョーイはどっちのものになるかで一瞬もめかけたのでひやひやしたんですが、結局コイントスで落ち着いてよかった。

そのころジョーイの元飼い主のアルバートも徴兵されてて、ガス弾に当たり目を負傷。

帰ってきても目が見えず。ジョーイはイギリス軍のところへ連れてかれるんですがアルバートには見えない!

治療受けているアルバートの後方で連れられているジョーイのシーンもぐっとくる。

ジョーイもボロボロだったので撃ち殺されそうになってしまうんですが、馬が来たと聞いてアルバートが目が見えないままだけど口笛を吹きながらゆっくりと近づいてきて、やっと再開…!

いんやあぁすごい。

目が見えていないけどジョーイの特徴はしっかりと覚えていたので見なくても大丈夫だった!


ってあらすじを書きたいわけじゃなかったorz

ええと、あれですね、ジョーイの行く先々で運よく優しい人に出会えたのが幸運なんですねえ。

戦場では自分たちのことだけでいっぱいなのにそれでも馬を気に掛ける人たち。ジョーイが売られると知ってアルバートがニコルズ大尉に必死に返すよう頼むんですが、その時でも「私に貸してくれると思えばいい」みたいなところ、あれも違う視点で見れば「ただのうまい言い訳かよ」とは思いますが、その後に大尉はスケッチ付きの手紙を送ろうとしていたんですよね。

それで「口だけじゃなかったんだなぁ」と思いましたね。

で、しばらくしてやっとベニーの登場!余裕でにやけました。いつ出るのかなあとずっと待ってたんだもん。

この映画は他にもぐっとくる場面たくさんありますよ!

皆でお金集めて競売とか、やな奴だけど同じ仲間として助けようとしたり。

それにしてもこんなに馬ばっかり見るの初めてだったわ。馬っつうかロバとポニーなら1度ずつ乗馬したことあるんですがね。

馬ってどうなのかな。落ちたら怪我しそうで怖いです。

役者は乗馬訓練2か月くらいやってたそうですね。感動するわい。

(ベニーが馬乗る練習してるところとかすっげー気になるのですが)

あの訓練のシーンもかっこよかったしなぁ。馬の足音の力強さつったらねえ!

そんでもってベニーが格好良くてなぁ…かんばーばあああああああっちいいいいいいい!!!!

掛け声とか大きい声とか、シャーロックのベネディクトしかまだ自分は知らなかったので、ほかの役演じている姿が拝めてわたしゃ嬉しいですよ…

もうベニーの横顔とか姿だけスクリーンから浮いてるみたいに見えたわいww

スタッフクレジットもしっかりと"BENEDICT CUMBERBATCH"の字を確認しましたからねっ


ということで、今後上映する「裏切りのサーカス」にもベネディクト出演するらしいのでこっちもできたら見ようかとは思ってます。

その前にシャーロックホームズ シャドウゲーム見なきゃね!

今月はいろいろあって出費が増えそうなんで見られるか心配ですけど…

そしてあれですね、ベネディクトさんはチョイ役っつうか、脇役ばっかりが多いと思うのでHawkingとか日本語出してくれよう

日本じゃメジャーじゃないっぽいけど、wikipedia見るとすごい実力派?っていうの、わからんけどそういう人みたいなのでこれからの活躍すごく期待してます。


うーん、なんか映画の感想じゃなくなってしまって情けない(笑)

まあ、この映画は元々ベニー目当てだったからな。でも感動もの見たい方にはお勧めです、よ。

ええと…なんかすいませんw読み返していたらベネディクトだのベニーだのうっせーよっていうorz


まあ、どなたかベネディクト()の映画あったら教えてください…できたら日本国内で観れるもの…


では、今日はこの辺で!

今日地味に誕生日のノアでした\(^o^)/

こんちはー

この前映画感想書くとか言ってたので書こうかなと...

感想じゃなくて作品の話になるかも。雑談でもよければ...

しかし、そこまで気のきいたコメントも書けない&時系列ばらばらかもしれないのでゆるーい感じで読んでいただけたら(笑)


10月1日の公開日に友人と日本語吹き替え版で「ワイルドスピード MEGA MAX」観てきました。

せっかくなので今wikipeで見てきたワイルドスピードシリーズについて。


Wikipediaより

シリーズの時間軸は、1作目(本作)→2作目→4作目→5作目→3作目の順となっている。

ワイルド・スピード
ワイルドスピードX2
ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT
ワイルド・スピード MAX
ワイルド・スピード MEGA MAX



まあ有名なカーアクションですね。

今wikipediaみてたら面白いページも見っけたので紹介


「カーアクション映画」の項目の一部

どの作品でも共通して言える事は、まったく同じ車を数台作り、撮影用に分けて使うという事である。 例えば
1台目はピカピカの「見せ仕様」
2台目は走行シーン用に作り、多少の傷が入ってもいい物
3台目は爆発やクラッシュ等による大破してもいいようにエンジンなどをはずしている物



なんか納得しました(笑)




映画の話に戻りますが、まあ全体的に無難な展開でよかったんじゃないかなと思います。

ちょっと残念だったのがブライアン達がポルシェを手に入れる件が省略されてたところかなー

レースのシーン見たかったんだけどね。

あと、コルベットとか出てたけど最初だけじゃねーかwww ちょっと期待してたんだけど。


といっても、自分は車には詳しくないのであんまり突っ込まないでください!!

個人的にボブスとドミニクの関係が結構好きだったります。ルパンとっつぁんかよお前らはw

映画ではドムのキャラが結構好きだなぁ。

犯罪者なんだけど人情味あるね、警察も人情味ある。

この映画は人情がある意味キーワードじゃないのかな、なんて思いました(笑)

で、集まった犯罪者軍団だけど、あれはオーシャンズ11だか12だかをうっすら思い出しますわ。

最後の金庫アクションシーンはなかなか破壊力がありましたかね。

しかしマイケル・ベイのTF3みた身としては、今までの映画で一番騒がしかった映画はTF3だなぁと。

なんかTFの話になってスイマセン(´@Д@`)


さて、話の流れ的には長い逃亡生活に疲れたブライアン達だったけど、最後に一発でかい仕事して、どっかに消えるのかなぁと思ったら、まさかの続編フラグがww

前作かなんかで死んだはずの人物かな?

今までWSシリーズは何度も見てきたんですけど、作品順番に見てないので、うろ覚えだったりします。

ましてやわざわざ映画館行ってこのシリーズみるなんて思わなかったなw

絶対トランスフォーマーの影響で車に興味もったんですよねわかります。

というわけでいつか時間があったら映画もっかい初めから見るつもりです。


うーん、なんかまとまりのない文章ですけど、こんぐらいでいいやー

そうだ、思い出した!


ローマン・ピアース役の顔に見覚えがあると思ったら

トランスフォーマーの「エップス」のタイリース・ギブソンだったーーーーーー!!!!!




というわけで今日はこの辺で
[タグ] 感想 映画

おはようございます

昨日BSでダークナイトが字幕版で放送してました。3年間ずっとみたかった映画!期待を裏切らなかった!

d0151584_18231529.jpg

img_437948_13892692_0.jpg


もう2008年に上映した映画で…もう3年まえになるのか。

だったらレンタルして観ればよかったじゃないかって思われそうですが

テレビで放送されるのを見るのがいいんですよねーw なんか街中で出会ったみたいな(ブツブツ

本当はレンタル代が惜しかったっていうのもあるんだけどね

観たいみたいって思いながら3年間も経ってたのかと…

あまりにも観たかったので某オープンキャンパス言ってるときに本屋で見つけた本
ダークナイト (名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)ダークナイト (名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)
(2010/07)
角山 照彦、 他

商品詳細を見る


表紙に誘われて(?)英語の勉強になるから!って親を説得(笑)

去年この本を買ってもらって、2回くらい読みました。

この本は小説じゃなくて、セリフと直訳の文章が書いてあって、ちょっとバットマンの小話とかが載ってる本です。

映画と同じセリフだったので(当たり前だけど)やっぱりちょっと覚えたフレーズが出てきたりして嬉しかったな。


さて、ダークナイトは2012年の7月に続編の「ザ・ダークナイト・ライジズ」って上映されるようですね。

そのときはちゃんと映画館行きたいな。来年なら多分受験に失敗してなきゃいけそう。

バットマンって小さい頃から結構、というかほぼ毎週見てたんだ。恐ろしいわw

しかし、バットマンって映画はいくつあるんだ?と思って調べたんですけど

バットマン
リターンズ
フォーエヴァー
Mr.フリーズの逆襲
ビギンズ
ダークナイト
ザ・ダークナイト・ライジズ(予定)

って結構あるんだな

自分はいくつ見たんだろう。多分、一番最初のは文庫本かって読んだんですよ。ジョーカーが出てる奴。

リターンズはこの前見ました。ペンギンとキャットウーマン出てた。

フォーエヴァーはリドラーとトゥーフェイスが出てるって言われれば覚えてます。ビデオで毎週みてた方だw

Mr.フリーズは言うまでも無くwビデオで毎週見てたわwシュワちゃんのね

この流れでいくとビギンズも見た記憶はあるけどあんま覚えてないわ。修行とかしてたっけ。

…そう考えると全部見てたわwなんだ、コンプリートしてるじゃないか!

バットマンはここ数年まったく観てなかったんですけど久しぶりに見られて良かった。

本当はずっと観たかったから。 小さい頃、ホント録画したビデオを毎週見てたんです。

小さい頃って不思議なもんで、何回見ても飽きないんですよね

ちょっと歳とってから観ると、また新しいことに気づくんですが、まあ大体はアラ探しみたいな感じなのかな。でもやっぱり映画って面白い

この調子でアニメのバットマンもコンプリートしたい!ブレボなんか一度も見たこと無いもん

それにしても、小さい頃から洋画ばっかり観てたんで同級生もそうなのかと思ってたんですけどね

同級生でもバットマン知らない人とか、スーパーマン知らない人とか、他にはかの有名な「タイタニック」を知らない人とかいるもんなんで、中学生の頃びっくりした記憶が。

皆週末の9時は映画見てるのかと思ってたのにな。そうでもないらしい。

まあそういう経験が今の自分なんですかねー、映画とか凄く好きです。字幕も吹き替えも!


さて、前置きが長くなっちゃったみたいなので本題に入りましょうかね

おはようございます。

今日は日付がぞろ目だからってだけでブログ書きますよー!(なんて奴だ

ええ…2月後半ですけど、まだ全然寒いままですよね。春はまだか…

自分も明々後日から学年末試験です。今回は本当にやばい気がするんですがorz


そうそうこの前の日曜日に「アイアンマン」やってましたよね

ちょーーーーーー格好良かった!もう自分ああいう映画大好きです!

スーツの装着の部分とかさ、トニーの使えないロボットとかさw

TFもそうだけど、機械とかロボットに感情があるっていうの好きです。

多分ラチェクラとかの世界観みたいな、SFちっくなのが自分好きなんだな~って相変わらずw


実は去年ニュージーランドにホームステイに行った帰りの飛行機でアイアンマン2見ちゃったんですよ…

先に見ちゃったから…うーん…スーツの誕生した理由とかわかんなかったんですけどね。

今回見てすっきりしました。うん。

トニー役のロバートなんとかってひとが格好良すぎだろ!

あの映画もいろんなところにジョークが混じってて面白かったわwよくあるパターンだったけど。

とりあえず深く考えない自分にとっては面白い映画でした!

たしかアレって、3部作なんですか?そしたら次も楽しみだっ。


いやあ、映画好きです。でも基本自分は家で皆で映画見るの好きだからあんま映画館とか行かないんですよね。

だって自分だけ映画みちゃうと家族と話が合わなくなっちゃって悲しいんですよorz

しっかし!TF3は是が非でも見に行きます!うへへ


そういうわけで!


今日はこの辺で~


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 †Midnight Zone†, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。