Recent entries
2014/10/18 (Sat) 僕はまだ生きている

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちはー

最近ホントにだれ気味で、何にも熱中できていないような気分です。

本読んだり絵を描くのも、最初だけ楽しくてもしばらくするとやる気が抜けるというか…。

そして数日前から熱やら風邪やらで体調も悪いままで、せっかくの春休みがー○| ̄|_


さて、この前シャーロック2話を二回見たので、そろそろ感想でも。


※以下ネタバレ注意

#2 the Blind Banker (死を呼ぶ暗号)


ええと…いかにも欧米人が興味を持ちそうな中国ネタですかね。もちろん自分たちもそれと同じくらい外国に固定観念持っちゃうんですけどね(笑)

black lotus (黒い蓮) かあ…タンタンは「青い蓮」ってあるけど、蓮ってなぜこんなにも犯罪組織のモチーフになるのやらw

さて、探せば出てくるので自分の適当な話をまとめると…

美術館員の失踪、銀行員の殺人と謎のメッセージ、ジョンの職探し、からのデートの邪魔をするシャーロック、中国の犯罪組織との対決…。

違う意味での見どころはジョンにデート先を進めながらちゃっかり自分も参加しちゃってるシャーロックと、消えてしまった壁の暗号をジョンに思い出させようとするシャーロックですかね!

あとジョンが地味に恋愛スキル高くて笑えました。仕事の話からデートの話にすんなり持って行く所が。

シャーロックとジョン、まあSHシリーズに言えることですが、2人の間に女性が絡むと面白いですよね。

シャーロックの恋愛に対する興味の無さ!しかしジョンの助けが必要なんだけどーっていう。

最初の方、銀行でシャーロックがジョンを紹介する時わざわざ「友人の」って言ったのにジョンが「同僚だ」とか言いなおしちゃうのとかw

警察にも同級生にも変人扱いされていたシャーロックですが、彼の学生時代とかすごく気になるよ!

カフェテリアとか1人だったのかな…うおおおおっ

彼の異常な推理力の高さで話がぶっ飛んでて皆シャーロックをインチキ扱いだなんてなぁ。

そんなんじゃ高機能反社会人間になってもおかしくないわ。

しかしジョンだけ素直に「すごいね」っていうもんだからな、シャーロックにとってはやっぱりジョンは特別な存在だと思うのです。

その割にジョンはシャーロックに感嘆する一方ちょっと鬱陶しがっている所が絶妙ですな。

恋愛に興味がない分相棒にすがってしまうのはしょうがないと思うの!まあ単に人手が欲しいだけかもしれんが。


さて、この回で気に入ってるところは「あえて何も言わないシャーロック」ですかね

ジョンが買い物に行ってる間にフラットでは大乱闘をしていた(あれは特に説明なかったけど刺客的なもの?)のに、ジョンが帰ってきたころには普通に過ごしちゃうからジョンには「一日中何にもしてないわけ?」って思われちゃうところとか。地味に剣を足で隠しちゃったりw

もう一つはスー・リンの自宅で首絞められて襲われてたのに、自宅前で待たされてたジョンが全く気付かず、ようやくシャーロックが出てきて「あれ、風邪でもひいた?」って聞かれて「なんでもない」って言うのとかさ!

これはどういう意図なのかな。「心配させたくない」って奴だったらかなり可愛らしいんですが、多分違うなこれw

ジョンと一緒に現場に行きたい割には一人で勝手に行っちゃってジョンを待たせるのとかってなんなんだろうなw

まあ、出口を塞がせておくっていう彼なりの目的があるのかもしれないけど。

いまさらですが、アクションシーンがあるのっていいですねぇ、観ていて楽しいしかっこいいよ!

「あえて言わない」というか面倒だからでしょうが銀行で依頼主のことを言い当てた推理の話しないで「秘書に聞いた」で終わらせちゃうところもちょっぴりキュンと来てしまった…オオゥ…

毎回言ってるような気もするけど、シャーロックの動きが面白くて好きですね。

普段は無駄な動きをしないようなイメージだけど、なんか考えてたり調べてるときの動きが尋常じゃないっていうギャップがww

キレがありすぎてwwオフィスでシャーロックがしゃがんだり立ったり繰り返している時の他の社員の表情がw


ええと…後、あ、アレだ。モリーに遺体を見せるように頼むときのシャーロックが魔性過ぎる

「あれ、分け目変えたんだね、似合ってるよ」とかお世辞かよ。

モリーがにっこりして背を向けた瞬間のシャーロックは何事もなかったかのように時計確認とかな、ったく彼ならあの頭使えば何でもできる気がするよほんとw

他にもインターホンで近隣の住人を装う時の声のトーンの切り替えとかもすごいわ。

色々見どころがありましたねー

この話の最後でも「モリアーティ」の名前出てきたな。3話ではどうなるやら。

そして話のラストにジョンが誰かを殺してしまうっていうのはお決まりなのか?偶然なのかw



そういうわけで、日本語放送マジお願いしますよ!

噂だとシーズン2を夏ごろ放送するんじゃね、って聞いたんで合わせてやってくれないかと期待してます。

あと某所でアメリカ版シャーロックのドラマでelementalだかelementalyだか忘れたけど。ジョンの位置に女性が来るSHシリーズができるらしいですね?

男女コンビか…そのうち逆verもできるのかねー

なんかもう…どうなのよこの流れw


ではー
スポンサーサイト

sherlock_20.jpg

おはようございます~!

久しぶりに天気がいいのでちょっぴり気分がいいです。

朝起きた時に明るい外の景色が見えるのがホントに好きです。やっぱりね、太陽って偉大。

さて、先週ワタシ、ついに、BBCシャーロックの動画を発見してしまいましてね!1話見ましたよ!

まさか見られるだなんて思ってなかったので、偶然見つけた瞬間(゚Д゚)って顔でした。

もう今までイントロだけ何回も見てたので続きが楽しみで楽しみで…しかし、DVDは字幕も吹き替えもない状態だし、見られるとしたらいつになるんだろう…と半ばあきらめていたところだったので嬉しさ半端なかったです(笑)

さて、せっかく見たので感想!

ネタバレご注意ください

ワタシはネットで記事読んでるときとかも、ちらっとでも目に入るのが嫌なタイプなんですが、ネタバレって皆平気なもんなんですかね?




#1 A STUDY IN PINK

これ、原作の「緋色の研究」のもじりですよね。ピンクってところが笑えます。

そしてワタシにとってこれは期待通り、あるいはそれ以上に楽しかったです。

自分、推理系とか頭使うの苦手なので2回見てもまだ頭に入ってない部分があるんですが、話のテンポは普通じゃないですかね?

このドラマは音楽も素敵です。楽器の名前わからないけど、あのチェンバロっぽいちりちりした音が大好きなのです。

ロバート・ダウニーjr.の映画版のSHも音楽が素敵ですよね。

そういえば…ちょっとだけあらすじとか書いた方が興味湧きますかね?まあ、ブログなんだし好きなこと書けばいいか!


sherlock_03.jpg

左がシャーロック・ホームズ、右がジョン・ワトソン

ファーストネームで呼び合うのも現代版ならではっていうのかな。ホームズとワトソンじゃなくて、シャーロックとジョンなんですよ!なんかいいです。

現代版シャーロック、とかいうお決まりのフレーズ。スマートフォンやらパソコンやら、私たちがいるのと同じ時代が舞台。

今回は1話ってことで先にドラマの紹介もさせてください!日本で話題になればDVDやら再放送とかしてくれるんじゃないかっていう、かなり無謀なことを考えてるんですがね、まあ置いておいて…

シャーロック演じるのはベネディクト・カンバーバッチ。最近ワタシが「ベニー」やら「ベネディクト」つってるのはこの方です。最近の映画で言うと「戦火の馬」の…スチュアート少佐、大佐?まあいいか。

ジョン演じるのはマーティン・フリーマン。この人は…今年12月上映の「ホビット」って映画で出演してる人のはず…。

シャーロック・ホームズっていうとディアストーカーにパイプの紳士…っていうのが第一印象でしょうかね。

実際自分は聖典(原作小説)から入った時に、まさに上のイメージ像のまま読んでいたんですが、間違っていた!

これは、まあ前にもブログで書いたような気がするので割愛しましょう。


さっさと内容に入れよ!ってことで、さっさと説明しちゃいます(笑)


退役軍人、というか軍医ジョン・ワトソンの悪夢から始まる最初のシーン。初めて見たときクリックした動画を間違えたのかと思いましたよ。銃声に「ワトソン!」の呼び声。

軍人時代の悪夢で目覚め、次はセラピストやらブログやらでジョンが心に問題を抱えているアピールですね。軍人の記憶のフラッシュバックとかは洋画ではよくあるモチーフですかね。happy tree friendsのフリッピーとか。

ある日ジョンは旧友に出会うんですが、その旧友がフラットメイトの話題を持ちだします。多分一人ぐらしだからジョンは生活がちょっとキツイとかの話があったはずですがうろ覚え。

しかしジョンが「誰が僕なんかとフラットメイトに?」というと旧友が「そういうのは今日で2人目だねーww」と返し

「じゃあ1人目って?」



シャーロックきたあああああああああああああああ!!!!!!!!

ってわけですね。初めて観たシャーロックは逆さまに映ってたんだ…忘れないよ…

死体安置所?で何やら調査中のシャーロックがね、あのシーンで惚れた人多いんじゃないでしょうかねー

そしてジョンとシャーロックが初めて会うシーン!

ちょっと見ただけでシャーロックは「アフガニスタン?イラク?」とジョンに一言。

「はい?」とジョンは驚く…お得意の推理っつうか、シャーロックの鋭すぎる観察力を見せつけられます。

まあそれで一緒に住むことになって、事件があって…ってことですね。二人のことで夢中で肝心な事件の話をしてなかったんですが、簡単に言えば連続の不審死事件ですかね(簡単すぎる)


シャーロックと警察の関係とジョンの関係が面白いです。警察の間ではシャーロックはフリーク扱いだったっていう。

原作では頼れる最後の手段!っぽいイメージだったんですが、シャーロックの鋭すぎる推理に皆がついていけない所もあったり。

あれですねー、アニメだと「心霊探偵八雲」の八雲と晴香に似てると思いましたね。

いちいち「すごい!」とか口に出すジョンが可愛らしい… 褒められるのに慣れてないシャーロックっていうのかな、そこの描写は原作にもあったかもしれない。褒められるのが嫌じゃないシャーロック・ホームズさん。

レストレード刑事達とのかなりギスギスした場面が笑えます。

何もしゃべってないレストレードに「黙れ!」っていうシャーロックがwwまだ何も言ってないのに!考えるのすら気に障るらしいですね。

他にも「皆黙れ!動くな!息をするな!」みたいに考えるときにかなり神経質になるところも。

「君はみんなのIQを下げている。黙れ」とかw最高です。

高機能反社会的人間(だっけ) ちょっと他人への配慮に欠けるシャーロックがね、ジョンにも普通に「君は馬鹿だからね」とか「ちゃんと頭使ってるのか?」とか吐いてしまうんですが、しばらくするとちょっと考えて「今のキツかった?」みたいに気遣うところもあってさ…


そして見どころなのがジョンの症状というか、戦争のショックで足を引きずって杖が手放せないはずなのに、気づくとアレ、杖どうした??っていうところですね。

後々わかるんですがジョンの心理っていうのかな、シャーロックと事件の捜査してるときの生き生きとした動き!その原因が実は…

後シャーロックにおいて行かれるジョンとか、レストランの会話のシーンとか、面白い場面たくさんあります。

SHでおなじみのブロマンスが好きな方はおそらく楽しめると思いますよあのシーン!

勘違いされ過ぎwwそして互いに勘違いしちゃってさ!

そして他にも好きなシーンがあるんですが、最後のシャーロックが犯人像を推理するシーン…あれはいい。

あれはいいよホント!「毛布を見てみろ!動揺してるんだぞ!」とかウフフフフって感じですよマジで。

まあそこらへんのちょっと歪んだ目線の感想はtwitterで随時ほざいているので興味ある方はどうぞ\(^o^)/


ほんと細かいところで楽しい部分がありすぎて全部挙げられないんですが、この作品に出会えてよかったなぁと改めて思ってます。

ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンっていう俳優も知ったし!世界が広がりましたね!

ちなみに今週は2話目を見る予定なので楽しみ。



うーん、最近自分の打つ文章のまとまりのなさがちょっと気になるんですが、こんな感じでこれからも感想書けていけたらいいな。

それにしてもやっぱり何かダメな感じ…なんだろうなぁ。


では、今日はこの辺で!

こんちは!

3月ですね。昨日ブログ書けばよかったなぁせっかく1日だったのにすっかり忘れてましたサーセン

昨日は図書館行ってました。普段いかないエリア行ったら面白そうな本がたくさんあったのでなぜ今まで行かなかったのか後悔したくらいです(笑)

皆さんも行きなれてる場所でも行ってない部分あったら行ってみたらなんか発見すると思いますよー

受験終わって春休み(?)なので最近は頭がポカーンとしている気がします。せっかくの休みなんだから有意義に過ごさなきゃ!ってずいぶん前からも思ってたんですけど結局、長期休暇入ってもぐだぐだしています。

そんなもんかなぁ。まあ休暇で有意義に過ごして「やったー」なんて言ってる人聞いたことないんですがねw

そういうわけで漫画描こうとか二次創作やろうとか本読もうと重い腰を上げている次第で。


ええと、この前新しいパソコン買ってもらったってことでかなり嬉しいんですが、何しろ絵をかくソフトがはいってねえええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!

フォトショエレメンツはプリインストールされてるものなので新しいPCに移動はできないんですよ。

しょうがないのにGimpつうフリーソフト使っています。正直使いづらい!まあこれは慣れの問題だろう。

実は何日か使ってて「おお、これならいいかな」とかね。水彩のブラシも入れてみました。

SAIみたいな水彩ブラシ使いたい人はGimpじゃなくてGimp-painter?だっけな、そっちインストールした方がいいかもしれませんよ!

しかし後者は日本語版にするにはちょいと詳しい操作が必要そうなので、細かいことはぐぐってくださいね。

さて、そういうわけで慣れないツールでぼちぼち描いてますが…何しろ元々の絵が微妙なのでツール云々の問題じゃないというか…。

せっかくなので落書き何個かうpしちゃおう

0227_2012_gimp_tintin.jpg
タンタン

0229_2012_sherlock.jpg
シャーロック

試し描き程度のものなので見事に2つとも肖像画アングルなんですが気にしないでください。

そして縮小しないっていうw

ちなみに今描いてるのも

0302_2012_sherlock_ss.jpg
シャーロック!ベネディクトに全然似てない。もう悲しすぎる

さて、シャーロック!

シャーロック・ホームズ!

最近シャーロック・ホームズ熱が大変です。

Tumblrでフォロワーが(タンタンイラスト目的で)がシャーロックの素敵なイラストやらを描いていたのですよ。

当時は全然知らなくて「なんだこのおっさん達」ぐらいにしか思ってなかったんです。

ドラマだってことも知らなかったし名前すら知りませんでした。でもどっかで写真だか雑誌で見かけて「見覚えある顔だな…」と見つけたのがベネディクト・カンバーバッチ演じるシャーロック・ホームズだったんですよ!

雑誌「screen」の去年の夏ごろかな、その記事にちょっとだけ載ってたのがきっかけでインターネットで調べてみて、某動画サイトでイントロだけうpされてたの見たらどっぷり引き込まれました。

話ずれますがあの「Vフォー・ヴェンデッタ」もscreenのアメコミ特集で見っけたやつでSHと同じ経緯で知りました。

しかも同じフォロワーさんっていうねwwwもうあの方のおかげでこんなにもウホウホしています。

そんでもってそのフォロワーさんを見つけたきっかけが「タンタン」っていうね。人生何があるかわからんもんですw

さて、今日はシャーロック・ホームズの話がしたかったんですが前振りが長すぎましたサーセン


SHERLOCK(BBC)です。英国なんちゃら…英国放送協会か。まあ、そこで放送されてるドラマですね。

1シーズン3話。向こうだとそういうものなのかな?今シーズン2だっけ…?詳しいことは知らないんですが。

sherlock_06.jpg
とにかくシャーロックが好きすぎます。(そしてまた画像でかくてすいません縮小めn)

去年NHKで日本語吹き替え版放送してたらしいんですけどね。知るはずもなく。

そして再放送の予定もなし。DVD・BDの日本語版の予定もなし。ムリゲーすぎる。

しかし頭の中がSHだらけで原作の聖典やらロバートダウニーjr主演の映画見ちゃったり。

シャーロックホームズ自体のキャラが好きなんですよねー

シャーロックってまじめで「さすがだね、ワトソン君」とか言いながらパイプくわえてずばずば解決する探偵なのかと思ってたんですがとんでもない!

ナルシストでコカインとたばこ中毒で事件解決に覚醒してるときと退屈なの時の差の激しい二面性を持つ何とも濃いキャラクターだということを知りましてね…。

こんなキャラが1887年以来存在しているだなんてびっくりですね。100年以上も愛され続ける作品だったとは…

文学の力の偉大さを改めて思い知りますね。タンタン(80年くらい)にしてもトランスフォーマー(25年くらい)にしても長く愛される作品ってホントすごい。

そしてSHといえばジョン・ワトソン!ジョンとシャーロックのコンビが素敵。どっちの意味でも。

聖典(コナン・ドイルの原作小説)も映画もドラマもいい味出してます。

なんといってもBromance!これなしには語れない。…のかな?

まあこういう言葉で表現するとBLっぽい話に聞こえなくもないんですが実際SHの…いや、それはいいとして

リンク先にもあるプラトニックな関係っつうか、アツい絆ですね。ムフフじゃなくてウホホって感じ(表現できていない)です。

つまり一線を越えてない距離というか…見ていてそわそわするくらいの関係?

それが楽しくて今に至る自分。

雑に誤解を招く表現で言ってしまえば「おねえさん受けしてもおかしくない」ってとこですかねー

「そんな目で見んじゃねーよ」だなんて言わせませんぞ\(^o^)/

そういうわけで今自分は「緋色の研究」読み終わって「冒険」の途中までって状態です。

本当にbbc版が見たくて見たくて…誰か録画してませんかね。見せていただきたいぐらいなんだが。


SHつながりで私はベネディクト・カンバーバッチが好きになってしまった。

タンブラーでベニーの画像検索しまくってるんですよ。顔がかわいいのなんのって。

そして髪の色で印象が変わるし、声はかっこいいしで、これまた日本ではあまりメジャーじゃない?っぽいからそんなに見かけないんですがね。どうなんですかね。

ちなみに今日から上映する「戦火の馬」にベネディクトが軍服着て出演してます。近いうちに見に行く予定。

そしてRDJの映画ももちろん見るし。あと4月くらいだっけな?「裏切りのサーカス」にも出てるみたいです。

しっかしいずれもキャスト名みてもメインキャストじゃないのがorz

ベネディクトさんかなり気になってます。誰かほかに日本語で理解できる作品あったら教えてください。


と、まあ長々といつものように支離滅裂さに磨きがかかってしまいまいたが、最後にベネディクトさんが気になる方いましたらワタクシのTumblrでマークしたアドレス乗っけるのでどうぞ…

タンブラー

では今日はこの辺でー


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 †Midnight Zone†, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。