Recent entries
2014/10/18 (Sat) 僕はまだ生きている

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




\じゃーん/

こんばんは。あと数時間もしないうちにハイ♂スクール☆スチューデントの称号を失うノアです。

上の絵は今日完成したシャーロックとジョンです。うぬ。これがある意味節目の絵なのかもしれん。

昨日は1日中ずーっとこの絵で試行錯誤し、悩んでたんですけどね、結局完成度はそんなによろしくなかった○| ̄|_

最近イラストの配色というか統一感の出し方が全然わからなくてホントに迷ってたんですよー

結局よくわからない

なんで春休みラストになって急に創作意欲が湧いてしまったのか謎なのですが、色の選び方とかイラストのアドバイス版とか朝からずーっと眺めたり、好きな絵描きさんの厚塗りイラストを凝視したり…

後体のデッサンもおかしいですよねえ。

全体的にぐだーっとしてしまったのですが、これからも絵を描き続けるぞ!と改めて気合いが入ったような気がします。

そして、困ったことにGIMPのmixブラシで色を塗っていると色がおかしくなるのですよ。

gif画像みたいにブツブツと色が変わってしまう。ディザリングっていうのか?

多分ですけどあれですよね、色を混ぜすぎて画面上で出ないからドットみたいに点でその色っぽくしてる?

そのせいでブツブツがない部分とある部分がちらちらしちゃってかなりイライラしてました。

特にグレー系っていうか暗い色使ってるとよく出てくる気がする。

これ、解決方法ないのかね。カラーマネジメントやらプロファイルなんちゃらって、ググって出てきたところを見てもいまいち理解できなくてな...


まあせっかくなんでこっちじゃなくてもうチョイ絵の話に戻そう。

この前シャーロックのシーズン1の3話見たのです。感想は今度書くとして、シャーロックが星空見て「beautiful, isn't it?」っていうシーンの印象が妙に残りましてね。

まあ皮肉ってたのかそのシーンのニュアンスが残念ながらつかめなかったんですけど、シャーロックの美的感覚ってどーなってるんだが気になるななんて。

音楽が好きだってことはわかるんだけどそれ以外よくわからん...植物には興味なかったり政治も興味なくて太陽系も知らなくて…まだまだだな!聖典読み漁ってホームズや周囲の人物の像をつかまなければ。

んで...実はこんなふわっとした柄じゃなくて3話最初らへんの「Boring!」ってかなり退屈そうなシャーロックが描きたかったんですけどなぜこうなった...


また話戻りますが、なーんか背景と人物に違和感ありまくりで…もっと統一感のある絵がいい...

背景と人物別にするといろいろ面倒ですよね。特に厚塗りとかだと。やっぱり全部レイヤー統一して画面抑えた方がいいのかな。

後肌の色の選び方、服の影とか全然気に入らない!

というかデッサンした方がいいかも。サークル、美術部入ろうかしら。


明日入学式なのです。ホントは23時に寝ようと思っていたのが急ぎ気味で文章書いているのですがマジわけわかめwww

もういいや、とりあえずワタクシは今日で高校生最後なんだぜ!

今日1日でイライラしたりテンション上がってツイッターやってたこととか書きたかったんですけど、まぁいいか(笑)

今日がある意味人生の節目なのでした。かといって別に何も特別なことしてないんだけどね!

強いて言えば今日はすっげえ外が強風だったり大学に着て行く服が全くなかったり面倒だったり…



よし、なんかまとまらないからこれで終了!

今日はこの辺で~
スポンサーサイト

おはよーござーまー



どーん




「超ロボット生命体トランスフォーマープライム」が4月7日だっけな、そのくらいから放送しますが、そのOPソングのフルバージョンが先日からツイッターで回ってたので、ブログにも乗っけてみました。

昨日1回聞いて、また今かけながらブログを書いているわけなんですが。

この曲からトランスフォーマーのトの字すらイメージできません。どうなのかな。

曲自体はいいのかもしれませんがなぜ、こんな曲にした。

オープニングどころかイメージ的にエンディングっぽい雰囲気な気がするんだけどなぁ。

ちょっと単調っぽい所とか、盛り上がらん…

それ以前にJam Project使わなかった時点でショックでした。

なんで韓国のグループを選んじゃったのかしら。もうがっかり。

後はOPのビジュアルと本編待つのみですけど……

噂じゃBW路線じゃないかだなんて聞こえるし、どうして余計なことばっかり毎回やらかすんだ……

某所では玩具宣伝のためのアニメじゃないのか、だなんて声も聞きますけど、本編あっての玩具じゃないのか。


ツイッターでこの話を始めると毎回空気が悪くなるのですが、このブログで言わせてもらうと、

日本語版と言語版で別々にとらえればいいじゃない、って言われても「うーん」って思ってしまうのですよ。

日本語だからこそシリアスなシーンとかアツいセリフとか、自分の母国語でスーッと捉えたいんだよな。

英語だとどうしても自分の耳だけじゃ理解できない部分があるし。

まあ、吹き替えはそこまで文句言わないとしても、本編カットの嵐だったらホントに怒りますよ!

アニメイテッドの時だって相当ガッカリしたんだもんorz

というかね、言語版から見てる時点で日本語版でも言語版と同じくらいのクオリティを求めたっていいじゃない。

表現とか翻訳の違いはしょうがないとして、話の繋がり曖昧になったり、せっかくのシーンが消えたり、元々意図されていたものが無くなってしまうのは悲しいです。




さて、どうなるんでしょーか…

「何があったんだいシャーロック!」 | Noah@SHERLOCKED [pixiv]

0324_2012_SHERLOCK_mini_01.png
AHA体験
0324_2012_SHERLOCK_mini_02.png

こんばんは~

水曜日はお絵かきしたくなって木曜日はブログ書きたくなるらしいです。ブログカレンダー見るとなぜか木曜日に書いている時が多いような。気のせいかな。

とにかく、今日はお絵かきしたので絵の話でもしようかななんて。

ええと、まあpixivのキャプション通りですが、あえて詳しく言わないシャーロックが面白くてなw

シーズン1の2話のアレですよ。ジョンもジョンで全然気づかないのがまたいいな。

せっかくのブログなのでシチュエーション説明すると、ジョンの買い物中にフラットで誰かと大騒ぎした後、ジョンが帰ってきて「何が起こったんだい?!」って聞いててシャーロックが「さぁな」っていう感じです。

うん、「アレとほとんど同じじゃねーかww」って思っても気にしないでくださいw

で2枚の画像はシャーロックの顔傷ありverと傷なしverです。それだけ。

傷描くのって地味に楽しいんですがいまいち表現しきれていないですねorz

さて、最近色使いに気を付けて色々やってるんですがあんまりよくわからない…。色選びって難しいですね。

昔から色塗りは苦手な感じがします。色塗るともっとひどくなるタイプ。小学生の時も図工の時間で何度も絵を突き返されたことあるな…それに中学の美術でもいろいろ言われていたような。

今考えると美術って小学校中学校でピークだから、そのうちに感覚つかまないと面倒だななんて。

高校だとほとんどが選択だから音楽か美術か書道で分かれてしまう場合が多いのでは。

なんかしっくりする色合いが分からない…

特に肌の色塗るの好きですが下手です。色混ぜてるとどんどんおかしくなる。

そして難しかったのがシャーロックの足ですよぉ 足組んでるところってホント難しい。

空間把握が全くできてないですよねー。グーグルとかタンブラーで画像検索しまくったんですが頭がついていけなくてダメでした。

あと腕もなんか違和感ある気がします。

ツイッター見てて思ったんですが、好きな時に絵を描くだけじゃダメなんだなーとつくづく思いました。

常に描き続けるのってホント大変だわ。描きたくない日もあるし。何日も描かない日もあるし。

毎日絵を描くってやっぱり難しい…自分も今まで何度もお題挑戦失敗しているorz

50のお題、みたいなやつ、2個ぐらいで挫折とかしちゃうしね!

毎日ポーズお題くらいやれればいいんですが、すぐ飽きちゃうし。

情けないな。

話がまた戻っちゃうけど今回のはいつものと違って背景があるんですよ…背景描きましたよ…幻滅じゃい...

いまいち背景の書き込みが足りないっていうか!

背景まで線画書こうか迷ったんですが結局ラフにそのまま水彩ペンとブラシでガシガシと。ソファが目立てばいいやっていうね!

後はカーテンの質感ミスった感が半端ないwwwスカートじゃねーよww

本棚の本とかね、かなり適当ですよ。

背景の線書かなかったせいで完全に人物が浮いてますよねぇ、失敗したわ

いまいち線画ってどのくらい書けばいいのかわからないのですよ。厚塗りが好きなのでぶっちゃけ線画全部埋める勢いで書きたい気持ちもあるのですが、それはそれで面倒&メリハリが無くなるで感覚がつかめません。

線の色変えればよかったのかな。

今回はパース完全無視してたんだけど、ど、うなのかな...パースものすごく嫌い...

嫌いだよ...orz

後気になったのはですね、ジョンの肩ですね。よくわからなかった。そんでもってズボンは手抜きじゃねーか!

おおおぅおおおうぉおおおおおおう!




まあたまにはこうやって文章に描いて見直した方がいいかななんて思って。

デッサン人形が欲しいような要らないような、と迷って数年経っています。どうなのかな。


では、今日はこの辺で~

と思ったら言い忘れてたけど、昨日TOEICのクラス分けテスト受けたんですよ。

なんか受験当日みたいな雰囲気でしたね。

前日に早めに寝たのにもかかわらず会場ついても普通に眠かった…。緊張のきの字もなくて自分でもびっくりしたわい。




では~

こんにちはー

最近ホントにだれ気味で、何にも熱中できていないような気分です。

本読んだり絵を描くのも、最初だけ楽しくてもしばらくするとやる気が抜けるというか…。

そして数日前から熱やら風邪やらで体調も悪いままで、せっかくの春休みがー○| ̄|_


さて、この前シャーロック2話を二回見たので、そろそろ感想でも。


※以下ネタバレ注意

#2 the Blind Banker (死を呼ぶ暗号)


ええと…いかにも欧米人が興味を持ちそうな中国ネタですかね。もちろん自分たちもそれと同じくらい外国に固定観念持っちゃうんですけどね(笑)

black lotus (黒い蓮) かあ…タンタンは「青い蓮」ってあるけど、蓮ってなぜこんなにも犯罪組織のモチーフになるのやらw

さて、探せば出てくるので自分の適当な話をまとめると…

美術館員の失踪、銀行員の殺人と謎のメッセージ、ジョンの職探し、からのデートの邪魔をするシャーロック、中国の犯罪組織との対決…。

違う意味での見どころはジョンにデート先を進めながらちゃっかり自分も参加しちゃってるシャーロックと、消えてしまった壁の暗号をジョンに思い出させようとするシャーロックですかね!

あとジョンが地味に恋愛スキル高くて笑えました。仕事の話からデートの話にすんなり持って行く所が。

シャーロックとジョン、まあSHシリーズに言えることですが、2人の間に女性が絡むと面白いですよね。

シャーロックの恋愛に対する興味の無さ!しかしジョンの助けが必要なんだけどーっていう。

最初の方、銀行でシャーロックがジョンを紹介する時わざわざ「友人の」って言ったのにジョンが「同僚だ」とか言いなおしちゃうのとかw

警察にも同級生にも変人扱いされていたシャーロックですが、彼の学生時代とかすごく気になるよ!

カフェテリアとか1人だったのかな…うおおおおっ

彼の異常な推理力の高さで話がぶっ飛んでて皆シャーロックをインチキ扱いだなんてなぁ。

そんなんじゃ高機能反社会人間になってもおかしくないわ。

しかしジョンだけ素直に「すごいね」っていうもんだからな、シャーロックにとってはやっぱりジョンは特別な存在だと思うのです。

その割にジョンはシャーロックに感嘆する一方ちょっと鬱陶しがっている所が絶妙ですな。

恋愛に興味がない分相棒にすがってしまうのはしょうがないと思うの!まあ単に人手が欲しいだけかもしれんが。


さて、この回で気に入ってるところは「あえて何も言わないシャーロック」ですかね

ジョンが買い物に行ってる間にフラットでは大乱闘をしていた(あれは特に説明なかったけど刺客的なもの?)のに、ジョンが帰ってきたころには普通に過ごしちゃうからジョンには「一日中何にもしてないわけ?」って思われちゃうところとか。地味に剣を足で隠しちゃったりw

もう一つはスー・リンの自宅で首絞められて襲われてたのに、自宅前で待たされてたジョンが全く気付かず、ようやくシャーロックが出てきて「あれ、風邪でもひいた?」って聞かれて「なんでもない」って言うのとかさ!

これはどういう意図なのかな。「心配させたくない」って奴だったらかなり可愛らしいんですが、多分違うなこれw

ジョンと一緒に現場に行きたい割には一人で勝手に行っちゃってジョンを待たせるのとかってなんなんだろうなw

まあ、出口を塞がせておくっていう彼なりの目的があるのかもしれないけど。

いまさらですが、アクションシーンがあるのっていいですねぇ、観ていて楽しいしかっこいいよ!

「あえて言わない」というか面倒だからでしょうが銀行で依頼主のことを言い当てた推理の話しないで「秘書に聞いた」で終わらせちゃうところもちょっぴりキュンと来てしまった…オオゥ…

毎回言ってるような気もするけど、シャーロックの動きが面白くて好きですね。

普段は無駄な動きをしないようなイメージだけど、なんか考えてたり調べてるときの動きが尋常じゃないっていうギャップがww

キレがありすぎてwwオフィスでシャーロックがしゃがんだり立ったり繰り返している時の他の社員の表情がw


ええと…後、あ、アレだ。モリーに遺体を見せるように頼むときのシャーロックが魔性過ぎる

「あれ、分け目変えたんだね、似合ってるよ」とかお世辞かよ。

モリーがにっこりして背を向けた瞬間のシャーロックは何事もなかったかのように時計確認とかな、ったく彼ならあの頭使えば何でもできる気がするよほんとw

他にもインターホンで近隣の住人を装う時の声のトーンの切り替えとかもすごいわ。

色々見どころがありましたねー

この話の最後でも「モリアーティ」の名前出てきたな。3話ではどうなるやら。

そして話のラストにジョンが誰かを殺してしまうっていうのはお決まりなのか?偶然なのかw



そういうわけで、日本語放送マジお願いしますよ!

噂だとシーズン2を夏ごろ放送するんじゃね、って聞いたんで合わせてやってくれないかと期待してます。

あと某所でアメリカ版シャーロックのドラマでelementalだかelementalyだか忘れたけど。ジョンの位置に女性が来るSHシリーズができるらしいですね?

男女コンビか…そのうち逆verもできるのかねー

なんかもう…どうなのよこの流れw


ではー



今日描き終わりましたよー


…とはいうものの、なんか微妙すぎて悲しいですねぇ。

色が微妙なんですよ!人物と背景のバランスが悪い、肌と服の色も変だしワトソンの服の色が浮いている気がする…

最近ブログではご無沙汰ですが、地味に友人と原宿(もちろんタンタンショップもね!)行って来たりSHERLOCK2話目見たりとかしてるんですが、なんか…だるいというか…無気力状態であります。

というわけでSHの感想は後日。

あああああああアドバイス欲しいけど、貰ったらもらったでかなり落ち込む自信があります。

このたるんだメンタルをばしばしぶっ潰さないと生きていけない気がします。

実は、つい最近deviantARTに投稿したシャーロックのイラストのコメント欄に「腕が短すぎだけどそれ以外は良さげだよ」的なコメントが来ただけで心拍数が上がって何事かわからなかったくらいですorz

さて、それにしても最近無気力状態が続いてしまってせっかくの春休みなのに何してるんだよー!って…




あ、そういえば昨日




542772247.jpg

何となく応募したタンタンのゲームのソフトに当選してしまいましたwwwww

しっかし、これ3DS専用なんで今プレイできないんですよね~

ってわけで今も机の上に置いたままで、まだ封すら開けていませんよ。


で、タンタンショップ行ったときタンタンの写真も撮りましたよー!
542288359.jpg

120322_1514~01
今回買ったもの。パスケースとフォルダー…ポストカードも買ったんですが写すの忘れちゃったw


えーと…後はフォロワーさんに紹介してもらった「荒野のホームズ」っていう本を昨日読み終わったのですが、これも感想は後程…

それと、先日BSプレミアムだかなんだかで放送していた「ミス・マープル4」とやらにベネディクト・カンバーバッチ氏が出演していると聞いたので録画して、鑑賞しました。

これも後程・・・orz




一昨日から喉が痛いと思ったら風邪ひいちまって、昨日の夜は熱も出ちゃって…。今はまあまあ平気です。

強いて言うなら鼻水が面倒だってくらいですかね。

明日学校行かなきゃいけないのにだるいです


では~

こんばんはー!!

今月は出費がかさむのですよ…打ち上げに友人と出かけたり…「シャーロック・ホームズ」観に行く余裕がなくてですな…

観に行くとしたら月末くらいに何とかしてみようとね。

そんなことを思いながら昨日TOHOシネマズの公式サイト眺めながら「うわーいいなぁー早く観たいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

とか叫んで、買いもしないのにチケット購入ボタン押してスクリーンの座席眺めちゃったりね。

そんな事してたらやっぱり猛烈に観たくなってしまって…。

公開日から日にちが立つと、劇場が小さくなっちゃうじゃないですか。上映回数も少なくなっちゃうし。

なんとなく14日の公開時間とスクリーンを見ましてね、14時50分から上映、スクリーン5(一番座席が多い場所)

「今何時だ…1時前か!」

携帯にメールが来たと思ったらtohoシネマズから「14日は映画が1000円!」とかくる始末でしてww




「うおおおおおおおおおおおおおみてええええええええええええ!!!!!!!!!ぐぎゅううううううううううう!!!!」

とうとう我慢できなくなってそのままずっと観たいみたいって叫びまくってました(笑)

ダダこねて近くにいた兄貴の背中を叩きまくってたら、どっか行ってしまう…




と思ったらまた戻ってきた…

その手には




野口さん!!!




そして今に至ります。

毎回前置きが長くなっている気がする。

さてさて、まだ上映してから日が浅いので感想は追記にて。

もちろんネタバレご注意ください

sherlock_20.jpg

おはようございます~!

久しぶりに天気がいいのでちょっぴり気分がいいです。

朝起きた時に明るい外の景色が見えるのがホントに好きです。やっぱりね、太陽って偉大。

さて、先週ワタシ、ついに、BBCシャーロックの動画を発見してしまいましてね!1話見ましたよ!

まさか見られるだなんて思ってなかったので、偶然見つけた瞬間(゚Д゚)って顔でした。

もう今までイントロだけ何回も見てたので続きが楽しみで楽しみで…しかし、DVDは字幕も吹き替えもない状態だし、見られるとしたらいつになるんだろう…と半ばあきらめていたところだったので嬉しさ半端なかったです(笑)

さて、せっかく見たので感想!

ネタバレご注意ください

ワタシはネットで記事読んでるときとかも、ちらっとでも目に入るのが嫌なタイプなんですが、ネタバレって皆平気なもんなんですかね?




#1 A STUDY IN PINK

これ、原作の「緋色の研究」のもじりですよね。ピンクってところが笑えます。

そしてワタシにとってこれは期待通り、あるいはそれ以上に楽しかったです。

自分、推理系とか頭使うの苦手なので2回見てもまだ頭に入ってない部分があるんですが、話のテンポは普通じゃないですかね?

このドラマは音楽も素敵です。楽器の名前わからないけど、あのチェンバロっぽいちりちりした音が大好きなのです。

ロバート・ダウニーjr.の映画版のSHも音楽が素敵ですよね。

そういえば…ちょっとだけあらすじとか書いた方が興味湧きますかね?まあ、ブログなんだし好きなこと書けばいいか!


sherlock_03.jpg

左がシャーロック・ホームズ、右がジョン・ワトソン

ファーストネームで呼び合うのも現代版ならではっていうのかな。ホームズとワトソンじゃなくて、シャーロックとジョンなんですよ!なんかいいです。

現代版シャーロック、とかいうお決まりのフレーズ。スマートフォンやらパソコンやら、私たちがいるのと同じ時代が舞台。

今回は1話ってことで先にドラマの紹介もさせてください!日本で話題になればDVDやら再放送とかしてくれるんじゃないかっていう、かなり無謀なことを考えてるんですがね、まあ置いておいて…

シャーロック演じるのはベネディクト・カンバーバッチ。最近ワタシが「ベニー」やら「ベネディクト」つってるのはこの方です。最近の映画で言うと「戦火の馬」の…スチュアート少佐、大佐?まあいいか。

ジョン演じるのはマーティン・フリーマン。この人は…今年12月上映の「ホビット」って映画で出演してる人のはず…。

シャーロック・ホームズっていうとディアストーカーにパイプの紳士…っていうのが第一印象でしょうかね。

実際自分は聖典(原作小説)から入った時に、まさに上のイメージ像のまま読んでいたんですが、間違っていた!

これは、まあ前にもブログで書いたような気がするので割愛しましょう。


さっさと内容に入れよ!ってことで、さっさと説明しちゃいます(笑)


退役軍人、というか軍医ジョン・ワトソンの悪夢から始まる最初のシーン。初めて見たときクリックした動画を間違えたのかと思いましたよ。銃声に「ワトソン!」の呼び声。

軍人時代の悪夢で目覚め、次はセラピストやらブログやらでジョンが心に問題を抱えているアピールですね。軍人の記憶のフラッシュバックとかは洋画ではよくあるモチーフですかね。happy tree friendsのフリッピーとか。

ある日ジョンは旧友に出会うんですが、その旧友がフラットメイトの話題を持ちだします。多分一人ぐらしだからジョンは生活がちょっとキツイとかの話があったはずですがうろ覚え。

しかしジョンが「誰が僕なんかとフラットメイトに?」というと旧友が「そういうのは今日で2人目だねーww」と返し

「じゃあ1人目って?」



シャーロックきたあああああああああああああああ!!!!!!!!

ってわけですね。初めて観たシャーロックは逆さまに映ってたんだ…忘れないよ…

死体安置所?で何やら調査中のシャーロックがね、あのシーンで惚れた人多いんじゃないでしょうかねー

そしてジョンとシャーロックが初めて会うシーン!

ちょっと見ただけでシャーロックは「アフガニスタン?イラク?」とジョンに一言。

「はい?」とジョンは驚く…お得意の推理っつうか、シャーロックの鋭すぎる観察力を見せつけられます。

まあそれで一緒に住むことになって、事件があって…ってことですね。二人のことで夢中で肝心な事件の話をしてなかったんですが、簡単に言えば連続の不審死事件ですかね(簡単すぎる)


シャーロックと警察の関係とジョンの関係が面白いです。警察の間ではシャーロックはフリーク扱いだったっていう。

原作では頼れる最後の手段!っぽいイメージだったんですが、シャーロックの鋭すぎる推理に皆がついていけない所もあったり。

あれですねー、アニメだと「心霊探偵八雲」の八雲と晴香に似てると思いましたね。

いちいち「すごい!」とか口に出すジョンが可愛らしい… 褒められるのに慣れてないシャーロックっていうのかな、そこの描写は原作にもあったかもしれない。褒められるのが嫌じゃないシャーロック・ホームズさん。

レストレード刑事達とのかなりギスギスした場面が笑えます。

何もしゃべってないレストレードに「黙れ!」っていうシャーロックがwwまだ何も言ってないのに!考えるのすら気に障るらしいですね。

他にも「皆黙れ!動くな!息をするな!」みたいに考えるときにかなり神経質になるところも。

「君はみんなのIQを下げている。黙れ」とかw最高です。

高機能反社会的人間(だっけ) ちょっと他人への配慮に欠けるシャーロックがね、ジョンにも普通に「君は馬鹿だからね」とか「ちゃんと頭使ってるのか?」とか吐いてしまうんですが、しばらくするとちょっと考えて「今のキツかった?」みたいに気遣うところもあってさ…


そして見どころなのがジョンの症状というか、戦争のショックで足を引きずって杖が手放せないはずなのに、気づくとアレ、杖どうした??っていうところですね。

後々わかるんですがジョンの心理っていうのかな、シャーロックと事件の捜査してるときの生き生きとした動き!その原因が実は…

後シャーロックにおいて行かれるジョンとか、レストランの会話のシーンとか、面白い場面たくさんあります。

SHでおなじみのブロマンスが好きな方はおそらく楽しめると思いますよあのシーン!

勘違いされ過ぎwwそして互いに勘違いしちゃってさ!

そして他にも好きなシーンがあるんですが、最後のシャーロックが犯人像を推理するシーン…あれはいい。

あれはいいよホント!「毛布を見てみろ!動揺してるんだぞ!」とかウフフフフって感じですよマジで。

まあそこらへんのちょっと歪んだ目線の感想はtwitterで随時ほざいているので興味ある方はどうぞ\(^o^)/


ほんと細かいところで楽しい部分がありすぎて全部挙げられないんですが、この作品に出会えてよかったなぁと改めて思ってます。

ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンっていう俳優も知ったし!世界が広がりましたね!

ちなみに今週は2話目を見る予定なので楽しみ。



うーん、最近自分の打つ文章のまとまりのなさがちょっと気になるんですが、こんな感じでこれからも感想書けていけたらいいな。

それにしてもやっぱり何かダメな感じ…なんだろうなぁ。


では、今日はこの辺で!

おはようございます。朝ブログです。

0307_2012_hand_practice.jpg
模写。ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンとロバート・ダウニーjrの手ですよ^q^

0307_2012_sherlock_doodle_mini.jpg
こっちは模写も混じってるシャーロックの練習です。

シャーロックなのかベネディクトなのか、どっちを描きたいのかわからなくなってくるんですよねぇ

3次元キャラ(って言い方あんまり好きじゃないけど)にここまではまるだなんて思ってなかったので(笑)

いやぁ難しい。アニメとかだと作画とかがあって大体表現の範囲って決まってくると思うんですが、役者だと毎回微妙に髪型が違ったり顔のラインも決まってなかったりで、難しい…。

その分自分の絵柄で表現する幅は広まるのかなぁ。まあ、様子を見ていこうと思います…

ちなみに上の絵だと大きい色つきの絵と緑のライン以外は資料なしで書いてるんですが、模索中。


さて、前置きがまたまた長くなりましたが、昨日「戦火の馬」観に行ってきました。

もちろん目当てはベネディクト・カンバーバッチ

Benedict_03.jpg
黒い馬に乗ってた人です。スチュアート少佐。

ベネディクトはいろんな表情があるので(まあ俳優はみんなそうか)見ていてわくわくしちゃいますねぇ

まあベニーの話はまた今度にしよう。また画像バンバン乗っけてうはうは語りだすのじゃね(汗)


以下ネタバレ注意です。と言っても公開日から大分過ぎてるので大丈夫かな。


さて、元々は"War Horse"は1982年に出版された小説が原作のようですね。

映画監督はおなじみのスティーブン・スピルバーグ!音楽はジョン・ウィリアムズ!

これは映画版タンタンの冒険と同じ人ですよ。

つい最近「プライベート・ライアン」を(パソコンやりながら横目で2回)観たんですよ。あれも同監督で。

戦争ものなんですが、戦場の恐怖に無残さに悲しみに…って感じで悲しいストーリーが苦手な自分にとってちょっときついものがありましてね、戦火の馬とかタイトルがまんま戦争じゃねーか!と思って当初はまったく見る予定も無かったんですが、ベネディクトが出ると知って「これは見なきゃ!」と今に至ります。

で、実際見てきたんですが戦争モノにつきもののグロテスクなシーンはあまり前面になく、悲惨さと不条理さというかね…

まあ馬と人間の絆がテーマですからね、自分にとっては見やすかったと思います。


どうでもいいんですが今回は映画館の前から3列目とかいうものすごく前の方で観たんですが、そんなに首も疲れることなくてよかったです。それよりも後ろの席の人がポンポン椅子蹴ってきてむかついたってとこです。

兄貴も「後ろから呼ばれてるのかと思った」っていうくらいだからなぁ。

椅子は蹴らないようにしましょう!足も組まない方がいいんじゃないかと思いますよ。前に誰かいるときは。


で、肝心の内容、は馬目線の戦争…というのはお決まりのフレーズですね。

実際は馬のジョーイが少年アルバートととあることがきっかけで出会い、せっかく仲良くなったのに、ジョーイが財政難で売られることになってしまい、戦争馬?として生きていくことに…

最初の引き取り手、ニコルズ大尉、だっけな、がドイツ襲撃中に亡くなってしまい、ドイツ軍にジョーイが引き取られたり、ジャム農家の娘のところへ行ったり、またドイツ軍に奪われたりしてついには暴走して戦場を駆け回る…

あの場面でやっと「おおっ、戦火の馬!」なんて(笑)

駆け回ったせいで有刺鉄線に引っかかるは体力は減るわでとうとう瀕死状態に。そこでイギリス軍に見つかり、助けられそうになる場面。あのシーンいいですよ。

というのも出撃前のイギリスとドイツの戦場の間で瀕死のジョーイのもとへイギリス兵が仲間の反対を押し切って助けに行こうとするところで相手のドイツ兵も出てきて一緒に助ける部分ね。

名前教えあったり、最後には「弾に当たるんじゃないぞ」って言って別れる。

その直前にジョーイはどっちのものになるかで一瞬もめかけたのでひやひやしたんですが、結局コイントスで落ち着いてよかった。

そのころジョーイの元飼い主のアルバートも徴兵されてて、ガス弾に当たり目を負傷。

帰ってきても目が見えず。ジョーイはイギリス軍のところへ連れてかれるんですがアルバートには見えない!

治療受けているアルバートの後方で連れられているジョーイのシーンもぐっとくる。

ジョーイもボロボロだったので撃ち殺されそうになってしまうんですが、馬が来たと聞いてアルバートが目が見えないままだけど口笛を吹きながらゆっくりと近づいてきて、やっと再開…!

いんやあぁすごい。

目が見えていないけどジョーイの特徴はしっかりと覚えていたので見なくても大丈夫だった!


ってあらすじを書きたいわけじゃなかったorz

ええと、あれですね、ジョーイの行く先々で運よく優しい人に出会えたのが幸運なんですねえ。

戦場では自分たちのことだけでいっぱいなのにそれでも馬を気に掛ける人たち。ジョーイが売られると知ってアルバートがニコルズ大尉に必死に返すよう頼むんですが、その時でも「私に貸してくれると思えばいい」みたいなところ、あれも違う視点で見れば「ただのうまい言い訳かよ」とは思いますが、その後に大尉はスケッチ付きの手紙を送ろうとしていたんですよね。

それで「口だけじゃなかったんだなぁ」と思いましたね。

で、しばらくしてやっとベニーの登場!余裕でにやけました。いつ出るのかなあとずっと待ってたんだもん。

この映画は他にもぐっとくる場面たくさんありますよ!

皆でお金集めて競売とか、やな奴だけど同じ仲間として助けようとしたり。

それにしてもこんなに馬ばっかり見るの初めてだったわ。馬っつうかロバとポニーなら1度ずつ乗馬したことあるんですがね。

馬ってどうなのかな。落ちたら怪我しそうで怖いです。

役者は乗馬訓練2か月くらいやってたそうですね。感動するわい。

(ベニーが馬乗る練習してるところとかすっげー気になるのですが)

あの訓練のシーンもかっこよかったしなぁ。馬の足音の力強さつったらねえ!

そんでもってベニーが格好良くてなぁ…かんばーばあああああああっちいいいいいいい!!!!

掛け声とか大きい声とか、シャーロックのベネディクトしかまだ自分は知らなかったので、ほかの役演じている姿が拝めてわたしゃ嬉しいですよ…

もうベニーの横顔とか姿だけスクリーンから浮いてるみたいに見えたわいww

スタッフクレジットもしっかりと"BENEDICT CUMBERBATCH"の字を確認しましたからねっ


ということで、今後上映する「裏切りのサーカス」にもベネディクト出演するらしいのでこっちもできたら見ようかとは思ってます。

その前にシャーロックホームズ シャドウゲーム見なきゃね!

今月はいろいろあって出費が増えそうなんで見られるか心配ですけど…

そしてあれですね、ベネディクトさんはチョイ役っつうか、脇役ばっかりが多いと思うのでHawkingとか日本語出してくれよう

日本じゃメジャーじゃないっぽいけど、wikipedia見るとすごい実力派?っていうの、わからんけどそういう人みたいなのでこれからの活躍すごく期待してます。


うーん、なんか映画の感想じゃなくなってしまって情けない(笑)

まあ、この映画は元々ベニー目当てだったからな。でも感動もの見たい方にはお勧めです、よ。

ええと…なんかすいませんw読み返していたらベネディクトだのベニーだのうっせーよっていうorz


まあ、どなたかベネディクト()の映画あったら教えてください…できたら日本国内で観れるもの…


では、今日はこの辺で!

今日地味に誕生日のノアでした\(^o^)/

<!ーー書き終わってから気づいたんだけどタイトルまったく関係ないわーー>

こんばんは

某所で結構書いてきちゃったので、ネタ不足なんですが

今日卒業式でした。いやぁ、なんかぼーっとしてたらもう卒業式が来ちゃって、もっと早く先生に色紙書いてもらえばよかったなぁなんて後悔してます。

それにしてもあっという間にこの日が来てしまってびっくりです。

ものすごおおおくどうでもいいのですが今日はワタクシの兄貴の誕生日でしてね。ついでにその4日後がワタクシの誕生日なんですのよ。どうでもいいですねサーセン


ええと、なんというか…感動の涙でボロボロに…なりませんでしたよw

今回も我慢して泣きませんでしたねb

小学生の頃は「みんなで泣こうねwwwwww」つって大泣きしたんですが中高ではあえて堪えましたよ。

特に理由はないんですけど。一度泣くとどこまでも深く泣けてきちゃうような気がして。そして息が苦しくなって鼻水もすごくなるので面倒だしなぁなんて。

せっかくなので自分なりの涙我慢法は…あれですね、くだらないこと考えるとか、誰かの話聞いてるときに泣きそうになったら心の中で突っ込みいれたりとか。

「なんかこの人セリフつっかえまくってるなぁ」
「どうせメールすりゃすぐ連絡取れるしな」
「お涙ちょうだいってか?」

みたいな感じで。今日は証書授与の直前まで頭の中で「Macho Man」再生させてましたよww



バディ バディ! マッチョーマッチョマーンwwwwww

今考えるとホントくだらないですね。皆感傷に浸る間にマッチョマーンとか考えてる人間もいるなんてね!


泣くといえば。ちょうど昨日どっかのチャンネルで「タイタニック」放送してましたね。

あの映画だけは何度見てもうるうるしてしまうんですよねえ。

ジャックが海に沈んでいくシーンとか、最後の最後でジャックとローズを囲んでみんなが拍手するシーンとか…

音楽が本当に涙を誘うような音ですよね。

一度誰もいない場所でタイタニック見て号泣してみたいかもしれない。

この前タイタニック号についてものすごく軽くググったんですが、大体100年前くらいの出来事なんですねえ。

1902年だっけな。一の位が2だったことしか覚えてないけど…4月の10日に出航して15日に沈没とかなんとか…

まあかなりうろ覚えなので参考程度にしてくださいw

たった5日ですよ… そしてその中の数日かなあ、ジャックとローズが出会うのは。

あの映画見終わった後のMy Heart Will Go On の(涙腺)破壊力はただものじゃない。

ラストのyou here there's nothing I feeeeeeeeeeeel!!!!!!!うわあああああああああああああああん!!!!!!!!

そういうわけで、泣くのってなんか不思議ですね。これが自由にコントロールできたら恐ろしいわい。


全然卒業式と関係ない話になっちゃったw

では、今日はこの辺でー
[タグ] 日常 映画

こんちは!

3月ですね。昨日ブログ書けばよかったなぁせっかく1日だったのにすっかり忘れてましたサーセン

昨日は図書館行ってました。普段いかないエリア行ったら面白そうな本がたくさんあったのでなぜ今まで行かなかったのか後悔したくらいです(笑)

皆さんも行きなれてる場所でも行ってない部分あったら行ってみたらなんか発見すると思いますよー

受験終わって春休み(?)なので最近は頭がポカーンとしている気がします。せっかくの休みなんだから有意義に過ごさなきゃ!ってずいぶん前からも思ってたんですけど結局、長期休暇入ってもぐだぐだしています。

そんなもんかなぁ。まあ休暇で有意義に過ごして「やったー」なんて言ってる人聞いたことないんですがねw

そういうわけで漫画描こうとか二次創作やろうとか本読もうと重い腰を上げている次第で。


ええと、この前新しいパソコン買ってもらったってことでかなり嬉しいんですが、何しろ絵をかくソフトがはいってねえええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!

フォトショエレメンツはプリインストールされてるものなので新しいPCに移動はできないんですよ。

しょうがないのにGimpつうフリーソフト使っています。正直使いづらい!まあこれは慣れの問題だろう。

実は何日か使ってて「おお、これならいいかな」とかね。水彩のブラシも入れてみました。

SAIみたいな水彩ブラシ使いたい人はGimpじゃなくてGimp-painter?だっけな、そっちインストールした方がいいかもしれませんよ!

しかし後者は日本語版にするにはちょいと詳しい操作が必要そうなので、細かいことはぐぐってくださいね。

さて、そういうわけで慣れないツールでぼちぼち描いてますが…何しろ元々の絵が微妙なのでツール云々の問題じゃないというか…。

せっかくなので落書き何個かうpしちゃおう

0227_2012_gimp_tintin.jpg
タンタン

0229_2012_sherlock.jpg
シャーロック

試し描き程度のものなので見事に2つとも肖像画アングルなんですが気にしないでください。

そして縮小しないっていうw

ちなみに今描いてるのも

0302_2012_sherlock_ss.jpg
シャーロック!ベネディクトに全然似てない。もう悲しすぎる

さて、シャーロック!

シャーロック・ホームズ!

最近シャーロック・ホームズ熱が大変です。

Tumblrでフォロワーが(タンタンイラスト目的で)がシャーロックの素敵なイラストやらを描いていたのですよ。

当時は全然知らなくて「なんだこのおっさん達」ぐらいにしか思ってなかったんです。

ドラマだってことも知らなかったし名前すら知りませんでした。でもどっかで写真だか雑誌で見かけて「見覚えある顔だな…」と見つけたのがベネディクト・カンバーバッチ演じるシャーロック・ホームズだったんですよ!

雑誌「screen」の去年の夏ごろかな、その記事にちょっとだけ載ってたのがきっかけでインターネットで調べてみて、某動画サイトでイントロだけうpされてたの見たらどっぷり引き込まれました。

話ずれますがあの「Vフォー・ヴェンデッタ」もscreenのアメコミ特集で見っけたやつでSHと同じ経緯で知りました。

しかも同じフォロワーさんっていうねwwwもうあの方のおかげでこんなにもウホウホしています。

そんでもってそのフォロワーさんを見つけたきっかけが「タンタン」っていうね。人生何があるかわからんもんですw

さて、今日はシャーロック・ホームズの話がしたかったんですが前振りが長すぎましたサーセン


SHERLOCK(BBC)です。英国なんちゃら…英国放送協会か。まあ、そこで放送されてるドラマですね。

1シーズン3話。向こうだとそういうものなのかな?今シーズン2だっけ…?詳しいことは知らないんですが。

sherlock_06.jpg
とにかくシャーロックが好きすぎます。(そしてまた画像でかくてすいません縮小めn)

去年NHKで日本語吹き替え版放送してたらしいんですけどね。知るはずもなく。

そして再放送の予定もなし。DVD・BDの日本語版の予定もなし。ムリゲーすぎる。

しかし頭の中がSHだらけで原作の聖典やらロバートダウニーjr主演の映画見ちゃったり。

シャーロックホームズ自体のキャラが好きなんですよねー

シャーロックってまじめで「さすがだね、ワトソン君」とか言いながらパイプくわえてずばずば解決する探偵なのかと思ってたんですがとんでもない!

ナルシストでコカインとたばこ中毒で事件解決に覚醒してるときと退屈なの時の差の激しい二面性を持つ何とも濃いキャラクターだということを知りましてね…。

こんなキャラが1887年以来存在しているだなんてびっくりですね。100年以上も愛され続ける作品だったとは…

文学の力の偉大さを改めて思い知りますね。タンタン(80年くらい)にしてもトランスフォーマー(25年くらい)にしても長く愛される作品ってホントすごい。

そしてSHといえばジョン・ワトソン!ジョンとシャーロックのコンビが素敵。どっちの意味でも。

聖典(コナン・ドイルの原作小説)も映画もドラマもいい味出してます。

なんといってもBromance!これなしには語れない。…のかな?

まあこういう言葉で表現するとBLっぽい話に聞こえなくもないんですが実際SHの…いや、それはいいとして

リンク先にもあるプラトニックな関係っつうか、アツい絆ですね。ムフフじゃなくてウホホって感じ(表現できていない)です。

つまり一線を越えてない距離というか…見ていてそわそわするくらいの関係?

それが楽しくて今に至る自分。

雑に誤解を招く表現で言ってしまえば「おねえさん受けしてもおかしくない」ってとこですかねー

「そんな目で見んじゃねーよ」だなんて言わせませんぞ\(^o^)/

そういうわけで今自分は「緋色の研究」読み終わって「冒険」の途中までって状態です。

本当にbbc版が見たくて見たくて…誰か録画してませんかね。見せていただきたいぐらいなんだが。


SHつながりで私はベネディクト・カンバーバッチが好きになってしまった。

タンブラーでベニーの画像検索しまくってるんですよ。顔がかわいいのなんのって。

そして髪の色で印象が変わるし、声はかっこいいしで、これまた日本ではあまりメジャーじゃない?っぽいからそんなに見かけないんですがね。どうなんですかね。

ちなみに今日から上映する「戦火の馬」にベネディクトが軍服着て出演してます。近いうちに見に行く予定。

そしてRDJの映画ももちろん見るし。あと4月くらいだっけな?「裏切りのサーカス」にも出てるみたいです。

しっかしいずれもキャスト名みてもメインキャストじゃないのがorz

ベネディクトさんかなり気になってます。誰かほかに日本語で理解できる作品あったら教えてください。


と、まあ長々といつものように支離滅裂さに磨きがかかってしまいまいたが、最後にベネディクトさんが気になる方いましたらワタクシのTumblrでマークしたアドレス乗っけるのでどうぞ…

タンブラー

では今日はこの辺でー


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 †Midnight Zone†, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。